« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月29日 (月)

聴覚しょうがい者のためのスマホ・タブレット体験会

 みなさまおはようございます。今日は涼しくて、太陽の光がまる
で初夏を思わせるような東京です。
 さて、7月に私が理事をしている文身連主催で、聴覚しょうがい
者の方むけのタブレットスマートホン体験会があります。前回講師
をして下さった三宮さんに、聴覚しょうがい者が頼りになるアプリ
ケーションをご紹介いただきます。
7月15日、13時半から文京シビックセンターの3F障害者会館です。
 みなさまぜひいらして下さいね。

2015年6月25日 (木)

6月23日 水曜日

 昨日は、都立国際高校の2年生の皆様の前で、視覚
しょうがい者について お話しをさせていただきました。毎年この
時期に伺いますが、とても静かで、緑も多く、教室を抜ける風が
爽やかでした。都内なのに、環境が良く、こんな所で勉強したり、
時間を過ごせるなんて、羨ましいです!
それ以上に、国際高校の生徒さんは 皆さん素敵です!
校則があまり厳しくないらしく、自由な校風の様で、髪の毛を
染めていたり、制服にも色々なバリエーションがあり、とても
カラフル!ですが、話す言葉はキチンとしているし、廊下で
すれ違う生徒さんは、自分達から挨拶をしてくださいます。
人は見た目が9割  なんて本がありましたが、僕みたいに 目が
見えなければ、どんなにビックリする様な色の髪の毛であっても、
どんなに個性的な洋服であっても、話し方はもちろん、
お一人お一人が醸し出す雰囲気が良ければ、何も問題ありません。
むしろ、御自分の個性を大事に、上手に活かしている自信が、
キラキラしているように感じます。
 しょうがい者には、色々なしょうがいがあります。目に見える
しょうがいや、見えないしょうがいもあります。
一人一人が、違うしょうがいですが、それを個性と考えるならば、
しょうがい者もキラキラ出来る!ってことでしょうか。
難しい事かもしれませんが、まずは一人の人間として自分を、
磨いていかなくてはならないと思います。
17歳の皆さんに たくさんのエネルギーをいただきました。
国際高校の皆様、ありがとうございました!

6月23日

 皆様こんばんは。
 今日は蒸し暑い東京です。
 さて、火曜日は、文京区の社協で、点字の講座です。
講座の準備の為に 朝早くに起床し、準備を進めていました。
準備を済ませ、さあ!出かけるぞ! って時になって、クラウスが
もどしてしまいました。さっきまで、何でもなかったのに、具合が
悪そうです。
 さあー困りました!
 具合の悪いクラウスを連れて行って、途中の電車の中や、講座の
部屋は絨毯なので、またもどしてしまったら 仕事どころでは
ありません。
仕方なく、クラウスはお留守番でした。
仕事から帰ると、少し元気そうでしたが、念のため病院へ。
レントゲンを撮ったり、吐気止めの注射を打っていただきました。
幸い、悪いところは無かったので、安心しました。
夕方、気が付いたら、またゲーの痕跡が。
ただ、それを最後に、少し元気になりました。もしかしたら、
最近、毛がすごく抜ける時期で、毛繕いの時に 自分の毛を
たくさん飲み込んでしまい、気色が悪かったのかもしれません。
すっきりしたのか、今は元気そうです。
今週は点字のお仕事や、講座の準備やら、とても忙しいので、
クラウスにも頑張ってもらわないと大変です。
少し 忙しい日が続いてるので、時間が出来たら、ゆっくり
温泉にでも浸かりに行こうね、クラウス!

2015年6月23日 (火)

6月22日

 皆様こんばんは、
今夜は夕立があるとの予報、すでに埼玉県では被害も出ているよう
です。皆様いかがでしょうか?

 さて、昨日の午後はは僕が理事を務める 文身心しょうがい福祉
団体連合会の臨時理事会、夕方からは、文京区の区議の方や区民が
集まり、文京区のバリアフリー構想を考える勉強会に出席しました

どちらの会も、しょうがい者の将来に関る、大事な会ですが、どち
らも大きな課題が山積です。
でも、勉強会には、しょうがいを持ちながら、昼間は仕事で忙しい
ながらも駆け付けて、しょうがい者の事を 真剣に熱く語る方々と
ご一緒し、僕は嬉しくなりました。
今年になって色々な出来事があり、悲しくなる事や挫けそうに何度
もなりましたが、それ以上に 素晴らしい方々との出会いがあり、
助けられたり、沢山の事を学ばせていただいています。
これらの出会いを大切に、僕はワクワク頑張っています。

田辺凌鶴の会

 皆様おはようございます。露湯の変わりやすい毎日ですがお元気
でしょうか?
 ぼくはこのところちょっと忙しくて、でもブログのネタはたくさ
んあるので書いていきますね。

6月21日第三日曜日。
田辺凌鶴さんの講談を聴きに行きました。
午後に 二子玉で、点字のカルチャーの仕事だったので、急いで行
きました。
会場のある新宿は、駅を出ると、人が沢山いるし、ビルのスクリー
ンライブの大音響に合わせて 踊る人もいて、いつもいる環境とは
大違い!
若い人の行列や、面白そうな食べ物やさんを抜けて、会場に到着。
エレベーターを降りて、静かな部屋に入ると、ホッとしました。
ちょっと余談ですが、会場の部屋の手前に 別の部屋のドアがある
のですが、そのドアに 《ドアが開く事があります》 と、書いてあ
ります。
多分、突然ドアが開いて、ぶつからない
為の注意なのでしょうが、ドアなんだから開くだろう!なんて、ツ
ッコミたくなりました。
さてさて、お出迎え下さった  前講は、神田こなぎさん。
夏の装いで、涼しげなこなぎさんが、昔、ベリーダンスをされてい
たとのこと。内に秘めた熱いものも、お持ちなんですね。
後実家の山梨で、武田信玄まつりがあるそうで、私の先祖も 信玄
と縁があるので、一度訪ねてみたいです。
さてさてさて、
待ってました、凌鶴さん!
「名優 中村少長 中村七三郎」
「夕張再生市長 鈴木直道」
の二つ。
私は、夕張の話が、心に残りました。
何も分からず、誰も知らない土地で、仕事に励み、後に、心を通わ
せた市民のために、自分の人生をかけて頑張る鈴木市長の話は、講
談の正に人情噺でした。

講談会の後、凌鶴さんも着替えての、懇親会。短い時間ながらも、
凌鶴さんを応援する気持ちに溢れた楽しいひと時でした。
その場に居合わせた皆んなで、夕張に行こう!なんて話も。
もちろん、こなぎさんもね!

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »